初めての海外旅行は準備が大変だと思いますが、リストや必要なものなどを解説しています。

飛行機に乗るまでの手順

海外旅行が初めてだと飛行機に乗るまでの道のりはすごくハードルが高いように感じますよね。頭の中で空港だとものすごい検閲を受けるような気がして怖いと感じている人もいらっしゃるようですが、実際はきっちりと準備をすれば恐るるに足らずです。

 

念のため、あらかじめ手順を理解して、2時間前には空港に到着しておくようにしましょう!

 

空港に到着したらまずどこにいけばいいの?

 

初めての海外旅行だと空港の迫力がすごくて思わずはしゃいでしまうかもしれませんが(私だけ?)空港に到着したらまずはカウンターを目指しましょう。

 

空港には各航空会社ごとのチェックインカウンターがあります。案内カウンターはどの空港もわかりやすいのですぐにわかるとは思いますが、場所がわかるかどうしても不安という方はあらかじめ成田空港、羽田空港等のHPで場所を確認しておくと良いと思います(時間に余裕をもっていけば、そこまで準備をしておく必要はないと思いますが)。

 

エコノミー、ビジネス、ファーストといった形でクラス別に列が分かれているので、あなたのクラスの列に並んでください。

 

 

チェックインカウンターでは何をチェックされるの?

チェックインカウンターではまず、航空券とパスポートをチェックされます。航空券とパスポートのチェックされたら、「搭乗券」を発行してもらえます。航空券で搭乗できるわけではないので注意してください。

 

ちなみに、もしも空いている飛行機だったら、この航空券を発券してもらうときに、席の位置(窓際か通路側か)などを選ぶことが出来ます。

 

次に、預ける荷物の重さをチェックされます。航空会社やエコノミーとビジネスの違いなどによって荷物の重量の上限はことなってきます。あらかじめ預ける荷物と手持ちの荷物、持ち込める荷物と持ち込めない荷物をわけておきましょう!→荷物に関しての詳細はコチラ

 

このときに荷物引換証が貰えますので、決められたところに入れて(財布や手帳の中など)決してなくさないようにしましょう。引換証をどこにやったのか忘れることが結構多いですのでご注意を。

 

 

保安検査【スムーズに通り抜けることができるように事前準備をしておこう】

チェックインカウンターで荷物を預け、搭乗券を貰ったら保安検査へと進みます。保安検査とはX線で持ち物を検査したり、ボディチェックを受ける検査のことです。

 

自分が身につけている金属はあらかじめ把握しておくとスムーズにゲートを抜けることが出来ます。想像できるかもしれませんが、ゲートをくぐったときにピーっとブザーがなると結構凹みます。笑

 

このときに手荷物の中でも出さなくてはいけないものがあります。パソコンと、液体などです。持ち込める荷物と持ち込めない荷物のところでご説明していますが、あらかじめこらは袋に入れるなどして分けておいてください。

 

 

税関への申告【高価な外国製品を持ち出す方】

また高価な外国製の物品を持ち出す方は税関への申告を忘れないようにしてください。なぜかというと、外国製の製品の場合、日本で買ったものにも関わらず、帰ってきたときに、海外で買ったものを日本に持ち込んだとみなされて、課税対象とされてしまう可能性があるからです。これは日本にいたときから持っていたものだよ!という証拠を作っておきましょう。

基本的には外国に貴重な品は持っていかないほうが無難です。

 

出国審査【きちんと笑顔でお礼を言おう】

さて、いよいよ出国審査です。パスポートと搭乗券を審査官の方に渡します。そして、パスポートの顔写真とあなたを「目視して」本人かどうかを確認します。無事に審査に通ったら出国のスタンプが押されて返してもらえますので、きちんとお礼を言って、気持ちよく搭乗口へと向かいましょう!

 

 

いざ、搭乗ゲートへ

出国審査が済んだらあなたは厳密には日本から既に旅立っています。なので免税店などに向かうことができるのですが、その前に、搭乗ゲートの場所と搭乗時間を「しっかりと」確認することを忘れないようにしてください。

 

搭乗時間までほかの過ごし方としては、お子様をお連れの方はプレイルームにいったり、軽食をとったり、飲料を買ったり(このエリアで買う飲料は持ち込み可です)などが出来ますが、アナウンスを聞き逃したりすることがないように注意してください。

 

搭乗時間になったらいよいよ飛行機に乗り込むことができます。

Copyright © 初めての海外旅行 準備万端マップ All Rights Reserved.