現在の私は海外旅行が大好きで、定期的に外国にお出かけをしています。新しいものを見たり、異国の文化に触れたり、現地の生活を体験したり、異なる価値観を持つ方とお話をしたりすることが大好きで、海外旅行が生活の一部になっています。このように海外旅行が好きになったのも、初めて行った海外旅行の思い出が素敵だからかもしれません。

 

初めての海外旅行の行き先はカナダ

私が初めて海外旅行に出かけたのは大学生の頃でした。当時は英語の勉強が楽しかったので外国で英語を試してみたいという動機があったように記憶しています。初めての海外旅行ということでかなり不安もあったので、比較的治安の良い国を探しました。オーストラリア・ニュージーランド・カナダが候補地だったのですが、夏休みを利用していくので冬になるオーストラリアとニュージーランドは却下してカナダに決定しました。

 

初めての海外でも個人旅行でした

旅行の方法は、英語を試すためにもちろん個人旅行です。自分で格安航空券を予約してカナダのバンクーバーに乗り込みました。実はそれまで飛行機に乗ったことすら殆どなかったので、出発空港から緊張の連続でした。今となっては奇跡的なことだと思うのですが、バンクーバー行きの飛行機でスタッフから席の交換を打診され、OKを出したところファーストクラスに案内されるというラッキーもありました。そのときはすごいことだとは思っていなかったのですが、こうした体験はこれ以来ありません。

カナダではほぼバックパッカーのような生活を送る予定をしていたので、荷物は大きめのリックサックに詰め込める限りをつめました。お金はクレジットカードとトラベラーズチェックを用意しました。カナダではトラベラーズチェックが利用しやすいので安全面からも便利だと思います。

海外保険はお金がなかったので新しく作ったクレジットカードでまかなうことにしたと記憶しています。

 

バンクーバーからバンフへ!

バンクーバーでの旅はそれほど刺激的に思えませんでした。都心部はどこの国に言っても同じものが売っています。ただし、ブリティッシュコロンビアは訪れるべきです。こちらは英国風の庭園など見所が満載です。

カナダらしいところが見たくなり現地の方にお話を聞いたところバンフに行くように進められました。そこでバスを乗り継ぎ行くことにしたのですが、この旅がかなり大変でした。具体的な時間までは記憶していませんが、とにかく時間がかかり乗り換えも必要でした。

ある意味カナダの巨大さを実感した体験でした。しかし、到着したバンフは書籍などで見た雄大なカナダそのものでした。雄大なロッキー山脈の麓にはエメラルド色をした湖が広がっていました。徒歩でロープウェイまで向かっているとグレズリーに注意の看板があったのには驚きましたが、これも良い思いでです。この体験が素晴らしすぎて帰りのバスのことは一切記憶にありません。

バンクーバーに戻ってからはビンテージのおもちゃを探しに田舎に出かけたり、あれこれしたのですが、カナダの方はとても親切でした。道に迷っていると車に乗せて目的地まで送ってくれたり、とても良い経験ができました。この経験があってから、日本に来て困っている外国人には親切にしようと思えるようになりました。

 

色々あったカナダでしたが、私の見聞を広め、人生を変えたとても有意義なはじめての海外旅行だったと思います。