初めての海外旅行は準備が大変だと思いますが、リストや必要なものなどを解説しています。

お金の準備【現金・クレジットカード・トラベラーズチェック】

海外でのお金の支払いというのは主に、現金かクレジットカード、そしてトラベラーズチェックで行われます。

この中だと初めて海外に行かれる方にはトラベラーズチェックだけが若干なじみが少ないかもしれないのではじめに解説しておきます。

トラベラーズチェックとは?

トラベラーズチェックはサインをすることで現地で現金代わりに使えるものです。鋭い方は「小切手と何が違うの?」と思われたかもしれません。その通り、トラベラーズチェックは「旅行小切手」のことです。

トラベラーズチェックは銀行で購入することが可能です。若干手間ですが、一枚ずつサイン(ホルダーズサインと言います。このサインがないと盗まれても返ってこないのですぐにサインをしてください)をして「このトラベラーズチェックは私のものですよ」という証明になります。

良くいわれることですが、トラベラーズチェックの何よりのメリットは、盗まれても再発行できることです。持ち出し額も私が調べた限りでは持ち出し金額に限度はありませんでした。

ただ、国によって差はあるものの、使える場所が結構限られているので、持っていったものの使わなかったということも間々あります。なので個人的には現金とクレジットカードのみでトラベラーズチェックはほとんど活用したことがありませんが、上記のメリットとデメリットを確認した上で、用途に合わせて活用するといいと思います。万一クレジットカードをお持ちでない方などはトラベラーズチェックを持っていくと安心です。

クレジットカードと現金

初めて海外旅行に行く方の中には現金も必要ないでしょ、と考える方もいらっしゃるようですが、海外には「チップ」があります。現金はほぼ確実に必要となりますので用意はかかさないようにしてください。すぐに必要になるチップですから、両替の際に、小さな単位の通貨、紙幣をあらかじめ用意しておいた方がいいです。

当然ですが、デメリットとしては盗まれたら返ってきませんので、現金のみというのは危険です。

渡航先の現金は、空港で手に入れることが出来ます。渡航先の空港でも両替はできますが、できれば出国前に現地通貨に変えておくと安心です。

クレジットカードのメリットはやっぱりあると安心だということです。海外旅行の保険が付帯しているクレジットカードならなおのこと用意しておいたほうが良いです。ただ、盗まれた際の保証というのはケースによって変わってくるのと、もしも悪用をされてしまった場合の対処などが面倒になる可能性もあるので、携帯・保管にはしっかりと気を使ってください。

また、お使いのクレジットカードが渡航先でメジャーかどうか、多くの店舗で使えるかどうか(加盟店が多いかどうか)も旅行代理店などでしっかりと確認してください。よくいわれる基準としては、アジアだとJCBカードがメジャーで、欧米だとVISAとMASTERですが、その大まかな情報だけにとらわれずに一度確認をしてください。

クレジットカードの作り方の基本的なことまでは当サイトでは解説しきれないのでより詳細に知りたい方はこちらのサイトを参照してみてください→クレジットカードの作り方講座

以上、簡単ではありますが、それぞれのメリットデメリットを見てきました。

初めての海外旅行ではお金の準備は、上記のクレジットカードの例からもわかる通り、しっかりと事前情報を集めて、渡航先に合わせて用意する必要があるということを覚えておいてください。

Copyright © 初めての海外旅行 準備万端マップ All Rights Reserved.