初めての海外旅行は準備が大変だと思いますが、リストや必要なものなどを解説しています。

ビザの取得方法と必要性

ビザとは渡航先の入国許可証のことです。旅行においてもビザが必要となる国もあります。

ヨーロッパなどでしたら、旅行でビザは必要ではないことがほとんどですが、アジアやアフリカの国などでは、ビザが必要となる場合が多いです。具体的には、インドやブラジル、ロシアが日本人がよく訪れる国でビザが必要となる代表的な国でしょう。

短期の滞在、つまり旅行などの目的であれば多くの国でビザは必要ないのですが、渡航目的、国によって条件などは様々ですから、よく確認しておいてくださいね。査証免除措置国の対象の国かそうでないかなどによって大きく変わってきます。(査証免除措置国は、アメリカ、イギリス、韓国、台湾などなどの60を越える国を指します。)

ビザの取得方法

ビザを取得するためには、それぞれの大使館や旅行会社、つまり代行業者を通じて取得することがほとんどです。各大使館、総領事館に窓口が設置されていますので。個人で取得する場合は申請をするときと受領をするときで、最低でも二回は訪れなければいけないことになります。

必要となるのは、申請書、写真(大体がパスポートサイズのもの※要確認)、パスポート(現物)です。別途手数料がかかります。

ビザは現地でも取得できるところはあります。しかし、これはあくまで経験上の話ではありますが、日本で取得したほうが無難です。日本で確認しておいたほうが安心ですから。

前述したとおり、旅行の場合は、必要でないことが多いのですが、念には念を入れて旅行先の情報などの確認をされておいてくださいね^^

例外(オーストラリアのETAS(イータス))

オーストラリアではビザの代わりにちょっと変わったETAS(イータス)という入国許可証が必要になります。これはビザと違って大使館などに申請をする必要はありません。コンピューターの許可証なので、インターネット上、旅行代理店で申請が出来ます。代理店で頼んだ場合手数料が1000円から3000円ほどかかりますので、確認をしてみてください。

Copyright © 初めての海外旅行 準備万端マップ All Rights Reserved.